パラアイスホッケーを知ってますか?

ソルトレーク大会にて

たまたま日英の親善試合を観に行ったばかりに、すっかりハマってから、かれこれ20年。長野、ソルトレーク、トリノの冬季三大会を現地観戦するほど入れ込んだ競技の名称が、アイススレッジホッケーからパラアイスホッケーに変わることになりました。
いまだにこの口が「スレッジ」と口走るのだけれど、競技が定着し、これから続いていく競技の未来を考えてのこと。そう思うと、なんだか感慨深いものがあります。
上の写真は、ソルトレーク大会で撮った懐かしい1枚。

「パラアイスホッケーって何?」みたいな、ググればすぐにわかる解説は書きません。ただちにググってください。動画なんかいいですね。(ネット上の情報はアイススレッジホッケーと表記が混在してると思いますので、そこだけご注意ください。)
何をどうググればいいのかわからない方のために、競技の雰囲気がよくわかる最近のオススメ動画を2つ貼っておきます。

今となってはネット中継もあるし、テレビでも新聞でも取り上げられるパラアイスホッケーですが、初めて観た時は「なんじゃこりゃー!」という驚きでいっぱいでした。スポーツとしての面白さはもちろん、初めて見る用具の数々に目を奪われ、気づいたら写真を撮りまくっていました。試合中より、試合後のスレッジやスティックをたくさん。

本当に二昔前の話なので、手元に残ってる画像サイズが驚くほど小さい(あの頃のパソコンの解像度は横幅1,000もなかったんだっけなー)ことに歴史を感じつつ、今後は個人的な過去コンテンツを掘り出して、パラアイスホッケーの歴史の一部を紹介しようと思います。

運命の巡り合わせで、この競技がめざましく進化していく姿を選手やスタッフ、そして用具を通してみることができました。自分がプレーするわけでもないのに、こんなふうに一つのスポーツの幼年期を間近で体験する機会は、そうそうないでしょう。私は幸せ者です。

なんか思い出話で終わって恐縮ですが、とりあえず

「アイススレッジホッケーはパラアイスホッケーに名前が変わりました。」

 

今日はこれだけ覚えてくださったらけっこうです。

カテゴリー: スポーツ
error: Content is protected !!