About Teruny


テルニーさんのこと

 

テルニーこと山本 輝久氏は企業組合「ユニフィカ(Unifica)」の設立当初からの代表メンバーであり、副理事でもあります。

脳性まひにより言語と歩行に障害がありましたが、思考は明晰で、発言するときは短い言葉で一刀両断。
居合い抜きのごとくに放たれた僅か一言で切り捨てられるかと思いきや、その一言に暖かな思いやりも込められる、深くて大きい心と精神の持ち主です。

歩行に障害があるものの、飲むと真っ直ぐ歩けるそうで、飲み会はいつも大歓迎。

障害の重度化に伴い入所した施設では「思うように飲めない」のが悩みだったそうです。

言語の障害ゆえ、電話は最低限にとどめ、通常の連絡・コミュニケーションはメールが中心でした。

そして「メール来ない、どうしたのかな」と施設に電話を入れて、近況を聞こうとした2017年1月11日、2016年12月20日14時、入院先の病院で肺炎により亡くなったことを知りました。

言語や四肢に障害がある場合、文字中心のコミュニケーションにならざるを得ず、リアルタイムな交流は難しいと承知していましたが、一番苦しい時に駆け付けられなかったこと、また2週間以上も知らずに過ごしていたことは大きな衝撃で、今も受け止められずにいます。

今回の「Ho!」リニューアルに際し、テルニーさんのコラムを改めて読み直すと、その「脳みそ」が見つめていた世界の哀しさと暖かさ、それでも失わなかった希望と喜びに、再び出会うことが出来ました。

本人がいない今、この感想と感動を伝えることはできませんが、皆様と共有することで大きく響かせ、その生きざまの凄さをお伝えできれば幸いです。

 

企業組合ユニフィカ 代表理事 林 美恵子

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

以下のカテゴリーの文章は、実際には2000年から2006年にかけてテルニーさんがハートフルオンラインに寄稿したものです。

error: Content is protected !!